ionicons-v5-m
予告編
本編映像
<ベルギーの闇3部作>特報

最新情報

作品情報

豚の咆哮とともに人間の異常な愛と狂気を寓話的に描いた衝撃作『変態村』(04)、実在した変態連続殺人鬼カップル、マーサ・ベックとレイモンド・フェルナンデスの実話を描いた問題作『地獄愛』(14)で世界各地の映画祭を騒然とさせ、ヨーロッパ映画史にその名を刻まれることとなったファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督。常にグロテスクで血まみれながらも、純粋な愛の形を描いてきたヴェルツ監督の『変態村』『地獄愛』につづく<ベルギーの闇3部作>の最終章となるのが『依存魔』だ。これまでの目を背けざるを得ない作風から一転、美しい自然の風景とともに描かれる孤独な10代の少年少女の絶対的な愛。どうしたことか、まさかの瑞々しく語られる物語だ。少年ポール役は『ジュリアン』(17)で離婚した父と母の間で揺れ動く息子役を演じ天才子役誕生と注目されたトーマス・ジオリア。少女グロリア役を演じるのは、ミヒャエル・ハネケ監督の『ハッピーエンド』(17)でイザベル・ユペール他屈指の実力派俳優陣と共演し、ひときわ存在感が輝いていたファンティーヌ・アルドゥアン。今欧州で勢いのある若手俳優を迎え、周囲の大人たちから逃げる少年少女の逃避行を詩的に美しく切り取った映像は、テレンス・マリック監督作『地獄の逃避行』(73)を彷彿とさせる。『依存魔』で遂に完結となる<ベルギーの闇3部作>とは、ベルギーのアルデンヌ地方を舞台になぜか必ず“グロリア”というキャラクターが登場、どこかにローラン・リュカが出演して狂気の愛を描くトリロジーだが、『変態村』ではトビー・フーパー監督の『悪魔のいけにえ』(74)、『地獄愛』はレナード・カッスル監督の『ハネムーン・キラーズ』(70)など、今作でも相変わらずアメリカ映画からの強い影響が伺える。なお、ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督は『依存魔』に続く最新作『Inexorable』(21)を完成させており、現在日本未輸入のこの新作には、グロリアというキャラクターが登場、そのフルネームがグロリア・バルテルであることが判明している。バルテルは『変態村』で主人公をいたぶる宿のオーナーの名前。果たして<ベルギーの闇3部作>は本当にトリロジーなのだろうか・・・。

監督
監督・脚本:
ファブリス・ドゥ・ヴェルツ
1972年10月21日生まれ、ベルギー出身。リエージュの国立演劇学院卒業後、ブリュッセルのベルギー国立高等視覚芸術放送技術院(INSAS)で演出を学ぶ。その後、バラエティ番組などの司会者を経て、映画界へ進出。2001年、『Quand on est amoureux, c’est merveilleux』(短編/99)が第8回ジュラルメール・ファンタスティック映画祭にてグランプリを受賞。2004年には、初長編作『変態村』がカンヌ国際映画祭批評家週間出品をはじめ世界各地の映画祭を騒然とさせ、ヨーロッパ映画史にその名を刻まれることとなった。2008年には、『変態島』が第41回シッチェス・カタロニア国際映画祭においてカルネー・ホベン賞を受賞。本作は『変態村』『地獄愛』に続<ベルギーの闇3部作>の第3弾である。

【FILMOGRAPHY】
1997 Folles aventures de Thierry Van Hoost(短編) 監督
1999 Quand on est amoureux, c’est merveilleux(短編) 監督・脚本
2004 変態村 監督・脚本
2008 変態島 監督・脚本
2014 地獄愛 監督・脚本
2014 コルト45 孤高の天才スナイパー 監督
2016 キングのメッセージ 監督
2019 依存魔 監督・脚本
2021 Inexorable 監督・脚本

監督の言葉
『依存魔』は、『変態村』から始まり『地獄愛』へと続いた<ベルギーの闇3部作>の最終章であり、この3作品は狂愛、怪物愛をテーマに、様々な形態の病理を分析している。この『依存魔』は愛、狂気、信仰についての残酷で詩的な物語だ。絶対的な夢とありふれた現実の狭間、激しいセンチメンタルと衝動の荒々しさの狭間で、『依存魔』は騒々しくて官能的、かつ暴力的な映画であり、その行為が信仰に導かれた愛であることを語る。私は一種の祈り、詩、入信の儀式のような、究極的に純粋な映画を作ろうと思った。私は超越的な次元を持った一言のタイトルが好きで、<ベルギーの闇3部作>はそのとおりとなっている(『変態村』=Calvaire、『地獄愛』=Alleluia、『依存魔』=Adoration)。また『変態村』は冬、『地獄愛』はなんとなく秋、そして『依存魔』は夏だ。春が抜けているが、このような3作の関連性も気に入っている。私を映画に駆り立てる要素は、愛の状態とその毒性、依存、狂気、嫉妬、ごまかしとセクシュアリティだ。『依存魔』はその感情が芽生え始める年代を切り取っている。
キャスト
トーマス・ジオリア(ポール役)
2003年、フランス出身。デビュー作にして主演を務めたグザビエ・ルグラン監督作『ジュリアン』(17)で離婚した両親の間で葛藤する難しい役どころを見事に演じ、天才子役誕生と注目される。本作では第52回シッチェス・カタロニア国際映画祭において、ファンティーヌ・アルデゥアンとともにスペシャルメンションを受賞。最近の出演作に、TVシリーズ「Jeune et golri」(21)、「Madeleine Collins」(21)など。
ファンティーヌ・アルドゥアン(グロリア役)
2005年、ベルギー・ムスクロン出身。7歳の時に「Taram Tarambola」(短編/14)でスクリーンデビューを果たす。 ミヒャエル・ハネケ監督作『ハッピーエンド』(17)では、イザベル・ユペール、ジャン=ルイ・トランティニャンらと共演し、その中でもひときわ存在感が輝いていたと高く評価された。最近の出演作に、『アラジン、新たなる冒険』(15)、『少女ファニーと運命の旅』(16)、『ザ・ミスト』(17)、TVシリーズ「L’Absente」(21)など。
ブノワ・ポールブールド(ヒンケル役)
1964年9月22日生まれ、ベルギー・ナミュール出身。1992年、『ありふれた事件』では監督、脚本、主演を務め、第45回カンヌ国際映画祭にてSACD賞、ユース賞をはじめ数々の映画賞に輝いた。コメディからシリアスまで、幅広い役をこなし『Entre ses mains』(05)、『ココ・アヴァン・シャネル』(09)など、セザール賞に3度ノミネートされている。最近の出演作に『チャップリンからの贈りもの』(14)、『神様メール』(15)、『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』(18)、『今さら言えない小さな秘密』(18)、『白雪姫~あなたが知らないグリム童話~』(19)など。
ローラン・リュカ(グロリアのおじ役)
1965年7月20日生まれ、フランス・パリ出身。ストラスブール国立演劇学校で演技を学び、1997年、『J’ai horreur de l’amour』でスクリーンデビューを果たす。その後、レオス・カラックス監督作『ポーラX』(99)に出演し、2000年には主演を務めた『ハリー、見知らぬ友人』がセザール賞を複数受賞。<ベルギーの闇3部作>は『変態村』『地獄愛』にも出演。最近の出演作に、『潜入 最も危険なテロリスト』(11)、『RAW 少女のめざめ』(16)、『私は確信する』(18)など。
レビュー
陰気で血まみれな、狂った愛についてのおとぎ話。
―IONCINEMA
フランス語圏の若手俳優で、最も有望な二人が揃った。
―THE HOLLYWOOD REPORTER
非常に興味深い映画であり、
整理するのが難しい映画。最高だ。
―Kermode&Mayo’s Film Review
来場者プレゼント
初日1/27(金)
<特製依存チラシ>をプレゼント!
※実施劇場:シネマート新宿
※先着順・数量限定
オフィシャルグッズ
<ベルギーの闇3部作>Tシャツ
S/M/L
¥3,500(税込)
<依存魔>Tシャツ
S/M/L
¥3,500(税込)
<変態村>Tシャツ
S/M/L
¥3,500(税込)
<地獄愛>Tシャツ
S/M/L
¥3,500(税込)
<ベルギーの闇3部作>監督の言葉冊子
¥500(税込)
『依存魔』B2ポスター
¥800(税込)